六甲コンビニウォーカー

そのへんの葉っぱで煙草を作る

そうこうしてる間に発酵が進んだ(気がした)ので、とりあえずもともと水分たっぷりだったネギを乾燥させるために電子レンジに入れてみる。

とたんにたちこめる異臭。ネギのにおいとチーズのにおいを混ぜたような匂いが漂う。どうやら発酵は成功したようだ。くさいけど。

くさい
くさい

出てきたネギはなんだか固形物になっていた。せっかく切り刻んだのにまたくっついた。

くっついたねぎ
ねぎくっついた

何かネギは恐ろしいのでとりあえず水分の多そうな葉っぱをレンジに入れていく。部屋中がものすごい葉っぱ臭である。葉っぱともちょっと違うけど。

もうこの時点でどれが何の葉っぱか全くわからなくなっているのだが気にしない。そして気にしなくて正解であった。

床に葉っぱを広げる
床に葉っぱを広げるとまた儀式っぽい。

とりあえず手で巻こうと思うのだが、全くきれいに巻けない。ヨレヨレでぺったんこな煙草ができる上に、両端からは葉っぱがはみだし、きっちりしぼれてないので縦にすると端から葉っぱがサラサラと落ちていく。
いろいろ試行錯誤するのだが、全くうまくいく気配がない。全然だめだ。

しかしここでローラーを使うことにする。手巻き煙草を巻くためのローラーというものが存在していたのだが、煙草屋の人に殆どの人は手で巻くと言われ、ケチ心理も働いて買わないでいたのだ。600円ぐらいなのに。
とりあえず煙草屋にローラーを買いに行く。昨日の今日で行ってるのではずかしい。

前へ<< 次へ>>

この企画のトップへ